うごきのクリニック

誰でも出来る。”かけっこステーション”展開中!「誰でも運動ができる」「誰でも速くなれる」運動能力は環境遺伝です!

メールマガジン会員募集中

役立つ情報をお届け!
会員様だけの特典もあります!

今すぐ登録するにはこちらをクリック

『正しい歩き方を研究しよう!つづき』(メルマガ2018年2月1日号)

2018年02月01日 コラム

「うごきのクリニック」の後藤です。
子どもの運動能力を楽しく向上させる方法をお伝えしています。

お母さん、お父さんも一緒に学ぶことで、子どもの運動能力は
飛躍的に伸びます。さあ、新しい気づきを体験して下さい。

さて今回も『正しい歩き方を研究しよう!つづき』です。

みなさん前回お話しした歩き方は試してみましたか?
次は足が接地する位置を意識します。

○1本線の上を歩くように意識して歩く
身体の中心線に足が接地する歩き方です。少し内側に接地する
イメージだったと思います。この歩き方は骨盤の幅より足が内側
に接地するので足が細く見え、スタイルが良く見えます。

モデルさんの歩き方ですね。但し、足が内側に入るので、膝や足
首に負担がかかります。

○2本線の上を歩くように意識して歩く
この歩き方は、足の付け根の真下に足が接地する感じです。
気を付けの姿勢のまま、真直ぐに足を出すイメージですね。身体く
に負荷のかからない歩き方なので、早く歩いたり走ったりする
には最適です。

運動選手に多い歩き方ともいえます。但し、綺麗には見えない
歩き方かもしれません。

このように、歩き方には様々な特徴があります。
色々な歩き方をしてみることで違いに気付き、身体を自由に
コントロールできるようになっていきます。
これが本来人間の持っている能力なんです。

それでは、もう少し感覚を磨いていきましょう。
今回説明した歩き方を、次の意識で歩いてみて下さい。

・足裏の小指側半分に荷重して歩く
・足裏の親指側半分に荷重して歩く

クロスしないようにしっかりと制限して歩いてみて下さい。
皆さん、頑張って!