うごきのクリニック

誰でも出来る。”かけっこステーション”展開中!「誰でも運動ができる」「誰でも速くなれる」運動能力は環境遺伝です!

メールマガジン会員募集中

役立つ情報をお届け!
会員様だけの特典もあります!

今すぐ登録するにはこちらをクリック

『正しい歩き方~歩き方を研究しよう!』(メルマガ2017年 年末号)

2017年12月28日 コラム

「うごきのクリニック」の後藤です。
子どもの運動能力を楽しく向上させる方法をお伝えしています。

お母さん、お父さんも一緒に学ぶことで、子どもの運動能力は
飛躍的に伸びます。さあ、今年も残すところあと僅かとなりましたが、
今回も新しい気づきを体験して下さい。

さて前回は『正しく立つ為の練習ドリル~体幹がうごけば、
正しく立てます~』というお話を致しましたが、本年最後に
お届けするのは『正しい歩き方~歩き方を研究しよう!~』です。

普段から、「歩き方」を意識している方は少ないと思います。
モデルやキャビンアテンダント、競歩の選手など、限られた方が
その職業や競技に適した歩き方を学び、意識して歩いているくらい
だと思います。

普通に生活していると、自分の歩き方でなんの不自由も感じないの
かもしれません。
しかし歩き方にも、職業や競技にあった様々な歩き方があるのです。
歩き方によって、怪我の元になったり、競技力が伸びない原因にも
なってしまいます。

それでは、どんな歩き方があるのでしょうか?先ずは、次の歩き方を
試してみて下さい。

○踵から歩く
○足先で歩く(踵が浮いたり、踵をずるように歩く)
○足の裏全体で地面を捉えるように歩く
○1本線の上を歩くように意識して歩く
○2本線の上を歩くように意識して歩く
歩いてみた感想を頭にインプットしておいて下さい。

次回は、それぞれの歩き方の解説をします。