うごきのクリニック

誰でも出来る。”かけっこステーション”展開中!「誰でも運動ができる」「誰でも速くなれる」運動能力は環境遺伝です!

メールマガジン会員募集中

役立つ情報をお届け!
会員様だけの特典もあります!

今すぐ登録するにはこちらをクリック

『正しく立つ為の練習ドリル~体幹がうごけば、正しく立てます~』(メルマガ2017年8月31日号)

2017年08月31日 コラム

「うごきのクリニック」の後藤です。
子どもの運動能力を楽しく向上させる方法をお伝えしています。

お母さん、お父さんも一緒に学ぶことで、子どもの運動能力は
飛躍的に伸びます。さあ、新しい気づきを体験して下さい。

さて前回は『正しく立つ!超簡単な体操を一日2分であなたも健康に!』
というお話を致しましたが、今回は『正しく立つ為の練習ドリル
~体幹がうごけば、正しく立てます~』です。

今回は、正しく立つ為に体幹を動かすドリルをやってみましょう。

【骨盤ドリル】
脚を肩幅に開き(つま先は正面に向ける)、膝を伸ばした状態で、
片足はつま先を上げ、片足は踵を上げます。これを交互に繰り返して
下さい。

上手く身体をコントロールして、骨盤を動かして下さい。
 
お尻が左右に振れる方は、反り腰の可能性があります。

【肩甲骨ドリル】
壁に踵、お尻、肩甲骨をつけて立って下さい。この状態で両腕を前に
伸ばします。

背中が壁から離れないように注意をしながら、片腕をさらに前に伸ば
して行きましょう。反対の手のひらより、どれだけ前に伸ばせるかが
重要です。片腕を10回伸ばしたら、反対の腕で行って下さい。
 
これが出来ない方は、胸を張りすぎ(反り腰)の方が多いです。

この2つのドリルのあとは、その場足踏みを5分やって、身体のバランス
を整えましょう。

次回は、正しい歩き方です!