うごきのクリニック

誰でも出来る。”かけっこステーション”展開中!「誰でも運動ができる」「誰でも速くなれる」運動能力は環境遺伝です!

メールマガジン会員募集中

役立つ情報をお届け!
会員様だけの特典もあります!

今すぐ登録するにはこちらをクリック

『子どもの運動能力は生まれる前から!』(メルマガ2017年5月15日号)

2017年05月15日 コラム

「うごきのクリニック」の後藤です。
子どもの運動能力を楽しく向上させる方法をお伝えしていきます。

お母さん、お父さんも一緒に学ぶことで、子どもの運動能力は飛躍的に伸びます。さあ、新しい気づきを体験して下さい。

【プロローグ1】 医学部生を速くする!

私が、慶應義塾大学医学部競走部(陸上部)のコーチを始めたのは1997年です。もう20年になります。

医学部の陸上部は入部者が少なく、あまり運動をしてこなかった学生が多くなります。「頭は良いのですが、運動はチョット苦手…」これがイメージです。

最初は驚きの連発! 走るフォームが… ドタドタ、バタバタ…こんな世界があったんだ。

それまでは、強化選手などを教えていたので、このギャップがたまらなく楽しく思えました。

なぜか?

真っ白なキャンパスに自由に絵をかけるからです!
真っ白な「キャンパス= 伸びしろが大きい」んです。

「この子達を一流の選手にしよう!勉強だけでなく運動でも自信を持って卒業させよう!」これを目標に教え始めました。

伸びしろとは、「全力までの残量」と思って下さい。

強い選手はこれが少ないので、より細かく繊細に教えないと伸びません。この残量を満たしていくのがコーチの役割です。
この作業を邪魔するのが、これまでのイメージ(常識)や癖です。
これがなかなか直らない。

だから、真っ白なキャンパスは教えやすいのです。

(次回:素人のほうが速くなる!個人差は常識の差!)